記事の詳細
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

プロミス・レイク・アコム・モビットなど銀行系の傘下に入った消費者金融との違いは
「アイフル」のみ、どの銀行系にも属していないということ。

つまり貸出時に独自のスコアリング(与信)を行っている為、
他の消費者金融とは違った審査の印象を受けるかもしれません。

銀行系の傘下に入れば、様々な利点を得る事が出来るのに何故、消費者金融を貫き通すのでしょうか?

アイフルが他の消費者金融とは違っていると最も感じている部分は、
消費者の目線に立った融資を行っている事。

消費者金融とは「一般的な個人に無担保で融資を行う賃金業」と言うくらいなのですから、
やはり消費者目線での借入・返済に重点を置くのが賃金業の本質なのかもしれません。

それに比べて、他の傘下に入った消費者金融に比べてサービスの多さも魅力の1つではないでしょうか

●「アイフル」一般向けカードローン
一般的な消費者向けのカードローンです。
他サービスとほとんど金利など変わらないので、特殊用途以外はこちらがオススメです。

●借り換えMAX
はじめてアイフルを利用する方限定で、複数社のローンをまとめるサービス。

●おまとめMAX
アイフルを利用されている方で、他社のローンもまとめて金利を低く設定するサービス

●事業向け「無担保ローン」「不動産担保ローン」

●ファーストプレミアムカードローン
高所得者向けの低金利のカードローン

●女性向けのカードローン「SuLaLi」
限度額10万円で、借り過ぎない為の女性向けカードローン

など、自分に今一番必要なカードローンを選択出来るのです。

とは言え、審査スピード以外では他のカードローンに全体的なバランスが劣るのが現状。
どうしてもアイフルじゃなきゃ。。。という理由がある方以外にはあまりオススメ出来ません。

 

■アイフルのサービススペック

資金用途自由
利用限度額最大500万円
利率年利4.5%~18.0%
審査時間最短30分(お申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合も)
収入証明書50万円まで提出不要(他社を含めた借り入れ100万超えの場合は必要)
専業主婦の方専業主婦はNG
年齢満20歳以上の定期的な収入と返済能力のある方

 

001

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る