記事の詳細
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

アコムの信用保証会社としての役割と背景

2006年に三菱UFJフィナンシャルグループの傘下となり2008年には正式な子会社となった消費者金融の『アコム』ですが、その信用保証のノウハウを活かし保証会社として様々な銀行系カードローンを支えているのも事実です。

代表的な所で言うと、以下のような大手カードローンが上げられます。

・三菱東京UFJ銀行『バンクイック』
・じぶん銀行カードローン
・セブン銀行カードローン
・ソニー銀行カードローン

これらの保証を一挙に請け負うので、同じ消費者金融系かつ同じ程度の金利を扱っている

・プロミス
・モビット
・アイフル

などに比べると、審査のスピードや正確さはダントツだと確信しています。

正確さ故に個人の借り入れリスクなどの算出もずば抜けている為、通らない条件がはっきりと見えてきました。

アコムの審査の流れを裏側から見るとこうだ!

アコムの審査の方法は裏側(貸し出す側)から見るとこうです。

1.3秒診断にて、明らかに借り入れ不可な人(年齢のみ)をふるいにかける

2.診断に問題が無ければ仮審査へ誘導

3.仮審査で見られる項目は、安定収入・年収・職種など様々な項目

4.信用情報機関への問い合わせと、自社の信用データベースから借り入れ後のリスクを算出

5.問題無ければ、本審査合格。問題があれば不合格

6.職場への在籍確認をして、カード発行

といったフローが一般的です。

この流れの信用確認を自社サービスの「アコム」を含め、その他の大手銀行カードローンでも行っているので簡単にいうと以下のような情報。

・この人に借り入れはしても大丈夫
・この人に借り入れしたら少し危ないかも
・この人には絶対貸出してはいけない

これらが膨大に集まっているわけですね。だからこそ即日融資によるスピーディーな審査が可能になっているのでしょう。

89人の「アコム」審査申込者から見るアコム審査基準の傾向

まずアコムの審査通過の条件を見極めるためには、実際に審査に通過した人としなかった人の違いを見極めなければなりません。

そのため、少し少ない数ではありますが89人の審査申込者の選定ですがアンケート方式にて数項目答えて頂きました。

審査申込者のアンケートの収集条件

【調査概要】

・調査目的:アコムの利用者から、審査通過する為の条件の算出
・調査対象:アコムのキャッシング利用経験が有る方
・調査方法:Webアンケート
・調査実施期間:2016年4月31日~2016年5月31日
・調査対象地域:日本 国内
・調査主体者:即日融資カードローン110.com
・調査対象人数:100名
・集計対象人数:89名
※集計対象人数に関しては、虚偽の記載がある可能性が高い物に関して11名除外しました。

アコム審査通過者の割合

01_sinsatuukaritu

約85%程度の方が審査通過している状況です。

実は5年・10年以上前に借り入れを行った方も含まれていますが除外したとしても数%程度しか変化がありませんでした。

特に10年前などは貸金に積極的で「誰でも借りられた」というイメージがありましたが、
現在では審査基準も厳しく設けられしっかりとした審査が行われているにもかかわらず審査通過者が多い
という意外な結果でしたが、5年・10年前と大きく審査の基準が変わったわけではないのかもしれませんね。

アコムの審査通過・審査落ちの年収分布と審査落ちの傾向

02_nensyuu1

審査に通過した人数:76名
審査に落ちた人数:13名

年収と審査通過者の相関関係は無いという予想でしたが、その通りでした。
どちらかというと安定収入・職業と及び希望限度額いった面を見られているという事に重点が置かれています。

また、審査落ち13名の中に4名の過去の金融事故歴(支払い延滞・債務整理)があるという事も大きなポイントですね。

逆の残りの9名の傾向を見てみると

A)自分の年収の1/3より高い限度額を求めている。
例:年収200万 希望額:150万
B)年収の低い自営業者
例:自営業者 年収144万円

などが当てはまります。
この点を十分留意して申し込む事により「審査落ち」という最悪の状況は避けられるのではないでしょうか。

アコム審査通過者の職種分布

これに関しては、職業が多くありグラフ化が困難でしたので簡単に傾向をお伝えしたいと思います。

まずパート~アルバイト・派遣社員でも、収入が100万を超えていれば審査に通過しやすいという事。
条件としては、年収が100万台の場合は限度額の提示が10万~50万円で審査に通っているという事があげられます。

つまり、金融事故を起こしておらず安定的な収入が見込める方に関しては融資を積極的に行っているのではないかという仮説が立てられます。

審査通過者の在籍確認の有り無し

04_zaiseki

意外だったのが、在籍確認が無かったという方が40%近くあるという事です。
これに関しては私も経験済なのですが、楽天銀行カードローン(オリコ信用)にて在籍確認無しで借りられました。

条件としては、

・楽天銀行の口座を持っていた
・収入証明書の確認を直近3ヶ月の収入証明書をFAXで送った

事です。つまり、在籍確認が不要な場合もあるという事ですね。
私の場合は、銀行カードローンという事もありましたがアコムでは一般的には在籍確認はあるはずです。

もしも在籍確認の電話が嫌という方はネット申込後にかかってくる電話にて、在籍確認をしないで欲しいと相談する事により避けられる場合もあるという事を聞いた事があります。

審査通過者の借り入れ限度額

05_gendo

最後に審査通過者の借り入れ限度額がどの程度かという事ですが、最高で100万円程度に落ち着きました。
次に多いのが、50万円・30万円・20万円・10万円と段々と下がってくるのがお分かりになられるでしょうか?

全国の平均年収が300万~400万という事を考えると、150万や200万の借り入れ希望を出すのは無謀です。

アコム側としても、とりあえず50万~100万の限度額にして借り入れと返済のバランスが取れている方は増額も可能という形を取っているのでしょう。

借りる側としては、年収や職業にもよりますが審査が少し不安な方などは30万程度の希望額で出しておいて徐々に増額していく形がベストではないでしょうか。

アコムの審査通過傾向(予測)とまとめ

・一般的な会社員で年収200万以上で金融事故を起こした事がなければほとんど通る
・パート・アルバイトでも安定収入があれば、年収100万程度でも通る(限度額希望は10万~30万がおすすめ)
・会社への在籍確認をされたくない場合は、オペレーターに要相談
・個人事業主は、やはり審査に通りにくいが2年以上黒字決算&年収200万以上なら問題ない。
・50万以上の借り入れには収入証明書が必要
・7割の方が即日もしくは翌日までに借り入れが出来たというデータも出ている
※あくまでアンケート結果をまとめた見解です。実際の審査基準とは異ります。

以上が審査通過の傾向のまとめとなります。是非借り入れ審査時の参考にして下さい。

↓↓即日可能!アコムで今すぐ借りるならこちら↓↓

001

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロミス
ページ上部へ戻る