記事の詳細
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

少額のキャッシングだけに限らず融資を受ける際には収入証明が必要になることが多くあります。

収入証明書とは?

kyuuyomeisai

収入証明とは源泉徴収票や給与明細、市民税、県民税額の決定通知書、所得証明などであり、返済能力や総量規制の関係から求められるものです。

求められる収入証明は金融機関によって違い、多くの場合は金融機関側から収入証明の種類を指定されます。また給与所得者と個人事業主でも求められる書類の種類は違います。

2010年に施行されたのが総量規制と呼ばれる貸金業法で、全体の借入額を年収の1/3までと定めています。貸金業法が適用される消費者金融や信販会社は年収の1/3を超えて貸し出すことが出来ないので申し込みの際には収入証明を確認する必要があるのです。

とは言っても多くの消費者金融では利用限度額が50万円以下の場合、他社からの借入と合わせて100万を超えていない場合は収入証明書不要となることが多くなります。

また銀行は貸金業法ではなく銀行法が適用されるので総量規制は関係ありません。

収入証明は貸金業法の為の確認以外には実際に返済能力があるのかを判断される基準にもなるので必要になる場合には提出しなければ融資を受けることはできません。

収入収入証明は必要?

収入証明を提出したくない場合には消費者金融であれば50万円以下、銀行であれば100万円以下で申し込みをするとよいでしょう。

それでも収入証明書不要となっている金融機関でも万が一に備えて収入証明は準備しておくとよいでしょう。特に即日融資を受ける場合などは源泉徴収票を用意するとなると数日かかることもあり、不利になってしまいます。

収入証明書不要な金融機関と即日融資の対応一覧

収入証明書が不要な金融機関とその一覧をまとめました。

銀行系カードローン

金融機関収入証明書不要の限度額即日融資
みずほ銀行カードローン200万円まで不要
住信SBIネット銀行カードローン200万円まで不要
静岡銀行カードローン「セレカ」300万円まで不要
スルガ銀行カードローン500万円まで不要
じぶん銀行カードローン300万円まで不要
楽天銀行カードローン
セブン銀行カードローン不要(限度額が極端に低い為)?
三井住友銀行カードローン
新生銀行カードローン「レイク」100万円まで不要
オリックス銀行カードローン?

やはり最もオススメなのは収入証明書が不要である限度額が200万円かつ、即日融資で土日も借り入れ可能で金利も低い「住信SBIネット銀行カードローン」です。

他にスルガ銀行カードローンで500万まで不要とありますが、500万の借り入れを行う必要性はほとんど無いといっても良く、逆に500万円の限度額で申請を出す場合は審査に非常に通りにくくなる可能性があるのでオススメできません。

そのほか、多くの銀行カードローンは100万円~300万円までであれば収入証明を必要としません。

また銀行カードローンであれば総量規制の対象外となるので他社からの借入合計額の為に収入証明を提出する必要はありませんし、年収に関係なく高額の融資を受けることも可能になります。

消費者金融系カードローン

金融機関収入証明書不要の限度額即日融資
プロミス50万円まで不要◎ (最短即日融資)
アコム50万円まで不要
モビット50万円まで不要
アイフル50万円まで不要

銀行カードローンに対して消費者金融の場合はアコム、プロミス、アイフルなどのほとんどの消費者金融が利用限度額が50万円を超える場合と総量規制が適用されることから他社を含めた借入総額が100万円を超える場合に収入証明が必要になり、モビットに関しては借入額1万円から収入証明が必要になります。

こうして見てみると消費者金融の方がメリットが少ないように感じるのですが、銀行に比べると比較的審査スピードが早い点や土日祝日でも申し込み審査を受け付けなど当日借り入れに重点が置かれており、急ぎでの借り入れを希望されたい方は消費者金融の収入証明書はお近くの無人契約機で即日提出可能な点

では消費者金融にもメリットは多くなります。

収入証明書不要で即日融資を受けるには?

19766644

急なお金が必要になった時に利用するキャッシングで即日融資を受ける際には収入証明がすぐに準備出来ないことも多いでしょう。

そこで収入証明書が要らずその日のうちにキャッシングを利用したいのであれば、当日に融資行っている消費者金融で50万円以下の希望額で申し込みをしましょう。

審査状況や審査結果によっては収入証明を求められることも有るので一概には言えず、もちろん他社からの借入が多い場合には審査に通らない可能性もあるのですが、毎月安定した収入があり初めて利用するのであれば問題なく審査を通過することができます。

この条件に該当する消費者金融はプロミス、アコム、アイフルなどがあり大手消費者金融がほとんどです。

土日祝日で職場に在籍確認が取れない場合には電話による在籍確認に対して要望を行えば、他の方法で在籍確認を認めてもらえる場合があるので自分の状況に応じて選びましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロミス
ページ上部へ戻る