記事の詳細
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

事情はどうあれ、お金がどうしても必要という時があります。
その時に手元にお金があればいいのですが、そのような場合ばかりではありません。

最近の信販会社は、店舗にか行かなくても即日融資可能ということで宣伝をしており、実際に審査スピードも速いことから、その日のうちに銀行振込により融資を受けることは可能です。
しかし、銀行振込の場合は、即日融資と言っても振込ができる時間は、事実上平日の2時半がリミットです。
そのため、朝一番にスマホ等で申込をしないと間に合いません。
もちろん、土曜や日曜はほとんど無理です。

ベストの方法は、カードローンのカードを即日発行してもらうことです。
この場合、融資限度額いっぱいまでその日のうちに融資を受けることが可能です。

shinhokensyou

この際、当然信販会社の店舗に行くことになりますが、運転免許証・源泉徴収票はみなさん持っていくのですが、
それにプラスして健康保険証を提出すると勤め先への在籍確認が免除される場合が案外多く、融資もスムーズに進みます。
即日融資を実現するためには、手間は一つでも省きたいものです。

また、店舗での契約は信販会社の担当者との面接になるので、できるだけ資金が必要な理由をはっきり説明できるようにした方がいいです。
多額の現金がどうしても今日必要なのだと言うだけでは、さすがに相手も不信感を覚えます。
信販会社も社内規定があり、その規定に合致していれば融資をしてくれますから、不信感を覚えられないようにすることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る